CALS/EC

Home > CALS/EC

CALS/ECとは

CALS/ECとは「公共事業支援統合情報システム」の略称で、Continuous Acquisitionand Life-cycle Support/Electronic Commerce の頭文字を取った言葉です。
CALS/ECの基本は、公共物のライフサイクルにおける各プロセスで生ずる各種情報を電子化し、通信網を利用し、効率的に交換・共有・連携できる環境の創出です。
これにより、公共事業の生産性向上やコスト縮減が実現できるため、国や多くの自治体が取り組んでいます。

CALS/ECの基本

公共事業には、企画、調査・計画、設計、調達、工事及び維持管理の各業務プロセスがあります。
各業務で発生する図面や書類、写真はとても数が多く、種類は多岐にわたります。
また、関係者間及び事業プロセス間において、紙やフィルムで受け渡しをしていては効率が上がらず、保管場所等にも苦慮する場合が多々ありました。
CALS/ECは、これらの状況を改善する為に、次の三要素より成り立っています。

  • 情報の電子化
  • 通信ネットワークの利用
  • 情報の共有化

以下に三要素別のメリットのほんの一部をご紹介します。

情報の電子化

従来は多くの紙文書や大きな図面があり、保管場所を確保し整理する事が必要でした。
大まかな整理でも区別することはできます。 しかし、必要な時に必要な図面を捜すには、まず広げます。そして次を広げます。 一般的に広げるスペースには限りがあります。必要な図面は探せましたか?
探し終えた後は、元通りに折り込んで保管しないと、角が破れたり、タイトルボックスが裏を向いたり、 次回探す人の事を考えると適当に入れておくことはできません。
各種の情報を電子化することによって、検索や保管場所の確保は容易になります。
もちろん、紙の場合とくらべて整理方法は異なるのでやり方を覚える必要があります。しかし、CADデータ場合、少なくとも閲覧後折り込む必要はありません。 閉じるボタンをクリックするだけで良いのです。

通信ネットワークの利用

インターネットは、職場や家庭でも簡単に導入できる程まで普及しました。
しかも携帯電話などの端末からも見る事ができるようになりました。
文書や図面を提出するには、現場事務所や会社から、車や電車などの交通機関を利用し、発注者担当者までお届けする必要がありました。
通信ネットワークを利用すると、電子メール等で電子化した文書や文書を短時間で提出することができます(押印が必要な文書等を除く)。
また、電子入札システムを利用することにより、入札公告はシステム上で閲覧する事ができます。そのため、閲覧の為の移動コストの削減ができます。

情報の共有化

電子化された情報を通信ネットワークを利用する事により、情報の共有化が促進されます。
特に、電子データを一元的に管理する事により、共有する利用者が常に最新のデータを参照・利用することができます。
工事業務のプロセスでは、文書作成時の様式や文書の承認、工事写真や図面の閲覧が容易になります。 受発注者が同じデータを参照するので、必要な写真の選別や図面の修正指示等の意思疎通が図りやすくなるでしょう。

pagetop