HOME  >  information bridge - 受注者の効果と機能

受注者の効果と機能

効果
機能

効果

情報交換・共有の効率化

  • 時間と場所に制限されない情報交換・共有が可能です。
  • インターネット経由で書類を提出できるので、車と人による書類の運搬を削減できます。
  • 車両の移動回数の減少により、排出ガスが抑制され、環境負荷の軽減に寄与します。

書類作成の効率化

  • 定型書式を入力フォームとして備えていますので、書類(鑑)作成の手間を省略します。
  • 基本情報(工事名等)は、システム内で共有されるので、再入力や誤入力がありません。

書類管理の効率化

  • 提出された書類は、「電子納品要領・基準・ガイドライン」等に基づき、自動的に整理されるので、分類・保管の手間を省力化できます。
  • サーバーによるデータの一元管理で、書類の散逸がなくなり真正性も確保できます。

施工効率と品質の向上

  • 書類提出のために費やしていた移動時間を、現場監理業務に充てることで、工事の施工効率と品質の向上が図られます。
  • リアルタイムな情報伝達と正確な情報の共有により、受発注者間での迅速な合意形成に寄与します。

機能

書類の作成、提出

書類の作成、提出
  • 工事施工中に受発注者間でやりとりされる書類(鑑)は、入力フォームとしてシステム内に事前登録されています。工事名等の再入力の必要はなく、書類作成作業を効率的に行えます。
  • 書類の決裁順序(ワークフロー)を自由に編集できます。決裁者の追加や変更も可能です。複数の出張所や多くの監督職員に関係する広範囲な工事や大規模な工事にも運用が可能です。
  • ワンデーレスポンス支援機能として、作成した書類には回答希望日を設定することができ、受注者は発注者からの予定日を確認することができます。

スケジュール管理

スケジュール管理画面
  • 「立合確認」「段階確認」などの書類と連動しています。書類作成時の立合希望日がスケジュールへ自動に反映されます。
  • 発注者の予定を確認できるので、検査(確認)や立会などの調整がスムーズに行えます。
  • 他のスケジュールソフトのデータ取り込みも可能です。(iCalendar形式)

書類の一元管理

書類の一元管理
  • 受発注者間にて同じデータベースを共有するため書類など登録データの真正性が確保されます。また、データの散逸もありません。
  • 書類は一覧表示されます。提出した書類の進捗状況などを簡単に確認することができます。
  • 書類一覧は「発議日」「種類」など、お好みに合わせた検索、絞り込み、並べ替え表示が可能です。検査前の書類チェックもスムーズに行えます。

情報共有・事前協議

情報共有・事前協議
  • 「共有スペース」は写真などのデータにコメントを併せて登録し、共有することができる機能です。モバイル端末から直接登録することもできるので、現場で撮影その場で伝達という利用も可能です。
  • 「共有スペース」にて提出前の書類などを共有し、事前打合せの場として利用することもできます。
  • 「掲示板」では他工事の関係者とも情報を共有することができます。(各協議会など)

電子成果品・電子検査データ

電子成果品・電子検査データ
  • やりとりした書類は「電子納品要領・基準」「検査用フォルダ構成」に従い、システムが内で自動的に整理とエラーチェックが行われます。手動での再整理は必要ありません。整理されたデータはダウンロードして電子納品や電子検査に活用できます。
導入実績導入をご検討の方
オプション機能

ご利用に関するお問い合わせ

TEL.076-208-3420お問い合わせフォーム
株式会社アイサス|Facebookページ
現場シェアNet|建設現場の情報を発信する現場ホームページ作成ツール
プライバシーマーク
ページのトップへ