情報共有システム information-bridge

Home > information-bridge > information-bridgeの概要

私たちは情報共有システム[information-bridge]を自信を持ってご提案します!

よりスムーズに

CALS/ECでは工事情報(文書,図面,写真等)の電子化が必須で、現場では、土木技術に加え情報処理技術も重要となっています。
information-bridgeは容易な操作で電子納品要領・基準に適合できるよう、事業に精通した現場技術者が開発を主導しました。
現場の流れと違和感のない操作で、工事情報処理をスムーズにこなします。

よりスピーディに

information-bridgeはインターネットを介し、時間と場所を問わず工事情報の発議・閲覧・決裁等が行えます。
また、工事関係者間のリアルタイム情報交換ツールを複数備え、スピーディな執行をサポートします。

情報共有システム[information-bridge]の特徴

専用アプリケーションのインストールは不要

ASP方式なので、専用のアプリケーションは不要です。皆様方での導入、更新に掛かる経費と手間を節減する事ができます。
現場の流れと違和感のない操作で、工事情報処理をスムーズにこなします。
※動作環境はこちら(動作環境)

容易な操作性

豊富な現場経験を画面構成や遷移に活かし、多くの処理は表示選択とアイコン操作のみで行えます。

明快な利用料設定

登録・利用者数が増えても料金変更はありません。また、利用容量の増加による追加料金は発生しません。

容量の制限を排除

電子メールのようにデータサイズの制限を受けることなく写真や書類を登録することが可能です。

pagetop

情報共有システム[information-bridge]のメリット

情報交換の効率化

  • 時間と場所に制限されない情報交換が可能
  • 車両と人の移動によらない書類の提出が可能

文書作成の効率化

  • 定型書式の自動化による、文書作成の省力化
  • 基本情報(工事名等)の転写機能による、再入力や誤入力の排除

図書管理の効率化

  • 提出された書類は、「電子納品要領・基準」に基づいた整理が自動的に行われ、分類・保管の手間を省力化
  • サーバーによる一元管理で、書類の散逸がありません

その他の効果

  • 効率化で生じた時間を現場指導に充て、工事品質向上に寄与
  • 車両移動の減少により排出ガスを抑制し、環境負荷の軽減に寄与
pagetop

情報共有システム[information-bridge]はASP方式です

ASP方式とは

ASP方式はApplication Service Provider方式の略で、インターネットで利用できるアプリケーションを有償で提供する事業者を利用する方式です。

サーバのセキュリティ

information-bridgeはセキュリティの高いiDC(Internet data center)と提携していますので、安心してお使いいただけます。
pagetop

情報共有システム[information-bridge]はNETIS登録技術です

netis 情報共有システム[information-bridge]は、新技術情報提供システム(NETIS)登録技術です。
NETISおよび公共工事等における新技術活用システム(NETIS)の活用については、情報共有システム[information-bridge]はNETIS登録技術ですをご参照ください。
top