情報共有システム information-bridge

Home > information-bridge > information-bridgeの機能

新規文書作成

新規文書作成

工事書類の作成、提出

  • 工事施工中受発注者間でやり取りされる書類(鑑)は、システムにあらかじめ登録されています。
  • 当該工事で発議した文書の鑑は、複製して使用できます。
  • 鑑を必要としない文書(その他フォルダ[OTHRS]に格納する文書や図面)を登録することもできます。
  • また、鑑はシステムからPDFファイルで出力することも可能です。
  • ワンデーレスポンス支援として、作成した文書の「回答希望日」も設定が可能で、余裕を持って発注者の方からの回答を頂くことが出来ます。

文書決裁機能

文書決裁機能

工事書類の閲覧、決裁

  • 提出する書類は、実際の文書様式上で作成することができます。
  • 書類に添付するファイルの登録も簡単に行えます。
  • 提出書類内容の確認が終われば、そのまま決裁作業を行なうことが可能です。
  • 決裁の順序(決裁ルート)は利用者が必要に応じて作成することができます。
  • また、先行決裁や代理決裁も可能です。
  • メールのように再度転送する必要はありません。

文書管理機能

処理文書履歴

書類の一元管理

  • 提出された文書はシステム内で一元的に管理されますので、紙書類のように散逸することがなく、メールのように整理が複雑になることもありません。
  • 提出した書類が画面上に一括表示されますので、承認・未承認の状態がすぐにわかります。
  • 提出・未提出の確認も簡単です。条件をつけての並び替え、抽出も簡単に行えますので、検査前の書類の確認も簡単に行うことができます。
  • また、閲覧者(文書の発議や決裁に係わらない利用者)を設定することができます。閲覧者は工事で発議されている文書や登録ファイルを確認することができます。

スケジュール機能

スケジュール管理

スケジュールの管理

  • 担当している工事のスケジュールを、全て一元管理することができます。
  • 「立会確認」「段階確認」等の書類と連動しています。書類作成時の立会希望日が、スケジュールへ自動に反映されます。
  • お互いの予定を確認できますので、検査(確認)および立会などの調整がスムーズに行えます。
  • また、他のスケジュールソフトのデータを取り込めます。(iCalender形式)

コミュニケーション機能

コミュニケーション

受発注者間のコミュニケーション

  • 「共有スペース」機能を使えば、現場の状況を写真や図面資料を付けて即座に発注者に知らせることができます。
  • 「共有スペース」には、携帯メールから写真等の電子ファイルを登録することができます。 突然の現場条件の変更事由(例:地下水が湧き出てきた等)も発注者と情報を共有できます。
  • 「システムメール」機能を利用すると、大容量の電子ファイルも受け渡しが可能です。(最大1ファイルあたり600MB)
  • 「掲示板」機能を利用すると、工事関係者間での打合せ協議が、添付資料も確認しながら画面上で行なえます。

電子成果品・電子検査データ作成支援機能

電子納品支援

電子納品成果の作成作業を軽減

  • 提出された書類はシステム内で自動的に「電子納品要領・基準」に基づいた整理が行われます。
  • 日々の文書のやり取りをアップしていけば、工事完成時にまとめて電子納品作成作業を行う必要はありません。 日々のシステム操作が電子納品作成なのです。
  • 「チェック機能」も充実していますので、正確な電子納品データを作成することが可能です。
  • システムではCD-Rに書き込む前段階までの電子納品データを作成します。作成された電子納品データをダウンロードしてCD-Rに書き込めば完成します。
電子検査支援

電子検査も楽々

  • 提出された書類や添付ファイルは電子検査用データとして出力することができます。
  • 電子納品データとは異なり、フォルダ名やファイル名は、登録者がつけた文書名で分かりやすくなっています。
top