情報共有システム information-bridge

Home > information-bridge > オプション機能

現場ホームページ作成ツールの紹介


建設現場の情報発信しませんか?

現場ホームページ作成ツールを用いて地域住民の方々へ工事の情報発信とコミュニケーションを向上させ、発注者へのアピールに繋げます。

災害情報管理機能の紹介

普段使い慣れた情報共有システムが、災害発生時には災害情報を共有する便利な情報収集ツールとして使用することができます。

パンフレット

パンフレット(PDF)ダウンロードはこちら
電子ブック版パンフレットの閲覧はこちら

主な特徴

使い慣れた端末から簡単に写真をアップ
使い慣れたスマートフォンなどから災害状況の写真を簡単に登録できます。
登録した写真データは地図上にプロットされるため、迅速な状況把握が可能になります。
従来の携帯電話からも情報発信が可能
スマートフォン以外の携帯電話からも登録操作が可能です。
携帯電話のメール機能を利用して災害状況の写真を登録することができます。
面倒なGPSの設定は不要
位置情報が無い写真でも簡単に位置情報を付加することができます。
もちろんGPS機能付き端末にて取得した位置情報を自動で反映させることも可能です。

主な機能

写真登録機能
携帯電話やスマートフォンから電子地図上に写真付きで状況を登録できます。
位置と状況を同時に把握することにより、機動的な連絡・指示が可能になります。
検索設定機能
各種条件による分類が可能です。被害規模(重要度)、範囲指定(場所)、登録時間(時系列)など。
膨大なパトロール報告の整理が容易になります。
ダウンロード機能
検索設定機能による条件毎でのデータダウンロードができます。
データの利活用が可能です。

資機材情報の管理にも(資機材情報管理機能)

災害対策用資機材をデータベースに集約
災害対策用資材の保管場所や重機等の型式及び駐機場所等の情報を登録することができます。 情報更新も常時可能です。
登録された資機材情報は地図上に表示されますので、災害箇所との位置関係を視覚的に把握し、機動的な指示や対応が可能となります。
資機材情報の一括管理
登録された資機材情報を一括管理することができます。
現地対策拠点の選定や不足している資機材の把握に役立ちます。平時より災害に対する備えを整えることができます。
協定用の提出資料作りも簡単
「資機材情報管理 資料作成支援機能」により災害協定等に基づく提出帳票資料を簡単に作成することができます。
(提出帳票様式のカスタマイズも可能です。)