本文へスキップ

アイサスは建設CALS/EC支援事業を行っています。公共事業をよりスムーズに、よりスピーディに。工事施工中における受発注者間の情報共有システムinformation-bridgeを自信を持ってご提案します。

工事施工中における受発注者間の情報共有システムinformation-bridge

情報共有システムのご案内

工事施工中における受発注者間の情報共有システムをご存知ですか?

一般的に情報共有システムとは、企業内での情報伝達やコミュニケーションの活性化によって業務効率を実現するシステムです。

しかし、工事施工中に扱う情報(文書や図面等)は種類が多く、量が膨大になります。 また、情報を必要とする関係者が異なる団体(発注者と受注者)となることに対応できるシステムが必要です。

情報共有システムは複数の機能から構成されています。特に重要な機能は、工事関係書類作成機能共通文書管理機能決裁ワークフロー機能電子納品支援機能です。

これら情報共有システムに必要な機能を、国土交通省が「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件」としてとりまとめて公表しています。 また、機能要件の各機能についての対応状況などについても公表されています。

当社がご提供いたします情報共有システム[information-bridge]は、機能要件(平成26年7月版(Rev.4.0))をすべて満たしております。

毎年2,500件以上の工事で利用されているASP方式の情報共有システム[information-bridge](NETIS登録技術)を自信を持ってご提案します。