導入状況
北九州市

北九州市での情報共有システムの状況

(2022年4月1日時点)

北九州市では情報共有システムの試行運用が開始

運用状況(開始時期) 平成26年7月から情報共有システムの試行運用開始
対象工事 全ての土木工事が試行対象
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
国土交通省の「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件」(Rev.4.0)を満たすもの
備考 期待される効果以上の取組みが認められる場合、工事成績採点における「創意工夫」の項目で加点対象とすることができます。
アイサスの特長 現場経験者が開発したシステムだから使いやすい。
詳しくは 選ばれる理由
※参考元
北九州市ホームページ 受発注者間情報共有システムについて
※参考文献
受発注者間情報共有システム試行実施要領(資料1)
https://www.city.kitakyushu.lg.jp/gi-kan/02300127.html
ページのトップへ