導入状況
石川県内市町

石川県内市町での情報共有システムの状況

金沢市

(2022年4月1日時点)

金沢市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 特記仕様書にて指定された工事が対象

小松市

(2022年4月1日時点)

小松市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 設計金額500万円以上の土木工事が対象
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
小松市情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
小松市ホームページ 「情報共有」ページ
※参考文献
電子納品ガイドライン
小松市情報共有システム機能仕様書

白山市

(2022年4月1日時点)

白山市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 土木一式工事500 万円以上(A・B・Cランク)及び舗装工事
500 万円以上(A・Bランク)が対象
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
白山市情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
白山市ホームページ 「監理課からのお知らせ」ページ
※参考文献
白山市電子納品の手引き
白山市情報共有システム機能仕様書

七尾市

(2023年4月7日時点)

七尾市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 七尾市が発注する予定価格500万円以上の工事(建築営繕工事は選択可)
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
七尾市情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
七尾市ホームページ 「情報共有システム及び電子納品(CALS/EC)」ページ
※参考文献
七尾市電子納品の手引き(令和5年4月)
七尾市情報共有システム機能仕様書

珠洲市

(2022年4月1日時点)

珠洲市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 特記仕様書にて指定された工事

野々市市

(2023年4月1日時点)

野々市市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 土木工事及び舗装工事で予定価格500万円以上(税込み)の工事 【但し、予定価格500万円以上1,500万円未満(税込み)の工事においては、監督員との協議により適用しないこととすることができる】  
※参考元
野々市市ホームページ 「野々市市電子納品」ページ
※参考文献
野々市市電子納品の手引き

加賀市

(2023年4月5日時点)

加賀市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 設計金額 500 万円(税込)以上の土木一式工事
設計金額 500 万円(税込)以上の舗装工事
※参考元
加賀市ホームページ 「加賀市電子納品適用工事について」ページ
※参考文献
加賀市電子納品の手引き
加賀市情報共有システム機能仕様書

能美市

(2022年4月1日時点)

能美市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 500万円以上の全ての工事(営繕工事を除く)
※参考元
能美市ホームページ 建設工事における情報共有システムの本格運用について ページ
※参考文献
能美市電子納品の手引き

輪島市

(2022年7月1日時点)

輪島市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 予定価格500万円以上の土木一式工事及び舗装工事(上下水道局発注工事を除く。)  ※契約後に受発注者の協議を実施
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
輪島市情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
輪島市ホームページ 「電子納品」ページ
※参考文献
輪島市電子納品の手引き
輪島市情報共有システム機能仕様書

宝達志水町

(2022年4月1日時点)

宝達志水町では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 地域整備課及び農林水産課が担当する500万円以上の土木工事(舗装含む)
特記仕様書にて明記された工事
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
宝達志水町情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
宝達志水町ホームページ 「建設工事における情報共有システムの本格運用について」ページ
※参考文献
宝達志水町情報共有システム機能仕様書

かほく市

(2023年4月1日時点)

かほく市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 請負金額500万円以上の土木一式工事
(特記仕様書に「情報共有システム活用工事」であることが明示された工事)
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
かほく市情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
かほく市HP「建設工事における電子納品及び情報共有システムの運用開始について」
※参考文献
かほく市電子納品の手引き
かほく市情報共有システム機能仕様書

羽咋市

(2023年4月1日時点)

羽咋市では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 羽咋市が発注する予定価格500万円以上のすべての工事(営繕工事は除く)
対象工事については特記仕様書にて対象工事であることを明記します。
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
「羽咋市情報共有システム機能仕様書」の要件をみたすもの
※参考元
羽咋市ホームページ 「建設工事における情報共有システムの本格運用について」ページ 
※参考文献
羽咋市電子納品の手引き
羽咋市情報共有システム機能仕様書

中能登町

(2023年10月1日時点)

中能登町では情報共有システム(ASP)本格運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム運用中
対象工事 予定価格500万円以上の工事及び建設工事にかかる業務委託のうち、 
特記仕様書に電子納品を適用する旨を明記したものとします。
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
中能登町情報共有システム機能仕様に対応していること
※参考元
中能登町ホームページ  「電子納品の運用開始について」ページ 
※参考文献
中能登町電子納品の手引き
中能登町情報共有システム機能仕様書

アイサスの対応について

独自機能 電子納品支援機能:クリック1つで自動整理、エラーチェックまで行えます。
電子納品支援ツールも利用者様には無料で提供してます。
備考 石川県建設業協会主催のCPDS対象の操作講習会に講師として参加してます。
リンク 石川県建設業協会ホームページ http://www.ishikenkyo.or.jp/
セールスポイント 建設業の発注者と受注者の書類・データのやりとりを円滑にする建設業専用のサービスです。
必要な書類や写真、スケジュールを簡単に共有できるほか、やりとりを文章で残しておけるので発注者と受注者の間の連絡事項を、さらに確実で信頼性の高いものにすることができます。
ご利用者様からは”使いやすい”との声もあり、リピーターも増えています!
お客様の業務効率化のツールとして是非ご検討ください。
ページのトップへ