導入状況
鹿児島県

鹿児島県での情報共有システムの状況

(2022年4月1日時点)

鹿児島県では情報共有システム運用中

運用状況(開始時期) 情報共有システム本格運用中
対象工事 土木部、農政部、環境林務部のすべての工事に対して受発注者協議の上利用可能
情報共有システム機能要件
(利用するシステムの選定)
「農業農村整備事業の情報共有システム活 用要領(農政部),森林土木事業情報共有システム活用要領(環 境林務部),鹿児島県土木工事等の情報共有システム活用要領 (土木部)」によること
備考 当社は上記要件すべて満たしている
アイサスの情報共有システム 国土交通省の機能要件(最新版)に対応。詳しくはアイサスの情報共有システムとは
特記事項 受注者は、情報共有システム(ASP 方式)を利用する場合、監督員に使用するシステム、パスワードな どシステム使用に必要な情報を打合せ簿で提出する。 なお、利用にあたっては、「情報共有システム運用ガイドライン」に基づき行う。
アイサスの特長 現場経験者が開発したシステムだから使いやすい。詳しくは選ばれる理由
※参考元
鹿児島県公式ホームページ「県公共工事等の情報共有システム活用推進について」
※参考文献
土木工事等の情報共有システム活用要領
森林土木事業情報共有システム活用要領
農業農村整備事業の情報共有システム活用要領
ページのトップへ