導入状況
奈良県

奈良県での情報共有システムの状況

(2023年1月1日時点)

奈良県では情報共有システムの本格運用を実施中

運用状況(開始時期) 令和5年5月1日 本格運用の開始(利用を設計業務等にも拡大) 
対象 土木工事  奈良県県土マネジメント部において発注する土木工事
 設計業務 奈良県県土マネジメント部において発注する設計業務等
情報共有システム機能要件(利用するシステムの選定) 「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件(Rev.5.4)」に合致するシステム事業者の中から、受注者が 選択する。システムは受注者と発注者の協議により利用可能。 (ただし、システム要件のうちオンライン電子納品機能は除く)
※参考元
「奈良県公式ホームページ 工事情報共有システムの利用要領について」
https://www.pref.nara.jp/62339.htm

アイサスの対応について

アイサスの情報共有システムは、奈良県工事にてご利用いただいています。

情報共有システム機能要件 国土交通省の機能要件(最新版Rev.5.4)に対応しています。
機能要件の特記事項 登録データ容量・ユーザー数に制限はありません。(追加料金不要)
特長 操作画面 シンプルな操作画面です。初めての方でも直感的に操作可能です。
独自機能 電子納品支援機能により、クリック1つで自動整理、エラーチェックまで行えます。(業務委託案件は除く)
サポート お客様の会社や現場事務所での出張操作説明をしています。※サポートに関する別途費用は掛かりません。
利用料金 ・登録手数料 10,000円(税抜)
・月額利用料 12,000円(税抜)
備考 CPDS対象の操作講習会を随時開催しています。

利用実績

(2023年1月までの実績)

奈良県内ご利用実績 奈良土木事務所 / 郡山土木事務所 / 高田土木事務所 / 中和土木事務所 / 宇陀土木事務所 / 吉野土木事務所 / 五條土木事務所
ページのトップへ