導入状況
岡山県

岡山県での情報共有システムの状況

(2022年4月1日時点)

岡山県では情報共有システムを運用中

運用状況(開始時期) 2008年より情報共有システムを運用中
利用対象 岡山県土木部が発注する工事(ただし、営繕工事を除く)
岡山県農林水産部が発注する工事
利用システム 岡山県公共工事施工管理支援(情報共有)システム
備考 2022年度よりLGWAN-ASP対応版を運用開始
※参考元
岡山県ホームページ 「岡山県公共工事施工管理支援(情報共有)システム」ページ
※参考文献
岡山県情報共有システム運用ガイドライン

アイサスの対応について

岡山県公共工事施工管理支援(情報共有)システム

情報共有システム機能要件 国土交通省の工事・業務の機能要件(最新版)に対応しています。
機能要件の特記事項 岡山県土木工事共通仕様書に係る様式集 施工関係様式「工事打合簿」、「検査・段階確認書」、「材料検査・確認書」、「立会書」、「工事履行報告書」に対応しています。
特長 操作画面 シンプルな操作画面です。初めての方でも直感的に操作可能です。
独自機能 電子納品支援機能により、クリック1つで自動整理、エラーチェックまで行えます。
サポート お客様の会社や現場事務所での出張操作説明をしています。
※サポートに関する別途費用は掛かりません。
利用料金 岡山県建設技術センターHP 岡山県公共工事施工管理支援(情報共有)システム利用料金表をご確認ください。
https://www.octc.or.jp/share/index.html
備考 岡山県建設技術センタ―にて岡山県公共工事施工管理支援(情報共有)システム操作説明会を実施しています。
詳細は岡山県建設技術センターHPをご確認ください。
https://www.octc.or.jp/share/index.html
ページのトップへ